メニュー

交通事故鑑定、事故鑑定、現場検証、解析を行う調査会社

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

交通事故鑑定|事故鑑定、事故現場の検証解析調査 事例

交通事故鑑定【事例集】事故鑑定、事故現場の検証解析調査


交通事故概要

バイクと車の交通事故
損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する

Aさんの趣味はバイクでのツーリングだ。

普段の生活でもバイクを使うが、休日にバイクで遠出して見慣れない風景を眺めるのが好きだった。

だが、今はツーリングに出かけられるような状態ではなかった。

なぜならば、今現在、Aさんは両足にギプスをはめ、松葉杖をついている状態なのだから。

こんなことになったのは、さかのぼること2週間程前に原因がある。

その日、Aさんは久しぶりの連休を使い、バイクでいつもよりも遠くまでツーリングに出かけていた。

天気は快晴。

交通量の多い街中を離れ、見晴らしのよい郊外の道を気分良く走っていた。

直線道路は遥か彼方まで延びており、他にも同士と思われるツーリストや、ドライブを楽しんでいる車が数台遠目に見える。

信号もなく、思わずスピードを出したくなる道ではあったが、Aさんはスピードを出すのが好きなのではなく、バイクで走りながら風景を楽しむことが好きだったため、法定速度でのんびりとバイクを走らせていた。

そんなとき、Aさんは、後ろから重低音の排気音を大音量で響かせながら、一台の車が猛スピードで近づいてくるのに気付いた。

車はAさんのバイクを追い越そうと右隣の車線に移ると、直ぐに元の車線、Aさんの前に戻ろうとしたようだった。

車が左に車体を向けた瞬間、Aさんは思わず「やばい」と呟いていた。

それは車が車線を変更する一瞬のことだったが、車が左に車線を変更したときの角度と速度から、バイクの前輪と車体の左後部がぶつかるとわかったのだ。

直後、Aさんの判断の通り、車の車体はAさんのバイクの前輪を弾き飛ばし、Aさんはその衝撃でバイクと共に引き倒され、道路を転がることになったのだった。

Aさんは意識を失っていたため、事故直後にどのようなやり取りがあったのかは知らない。

目を覚ましたときは病院のベッドで、両足骨折と数ヶ所の裂傷、打撲など、決して軽くない怪我ではあったが命に別状はないという説明を受けた。

そして事故から日が経ち、ある程度落ち着いてきたとき、警察から事故について事情を聴かれることがあった。

その時、車の運転者が「Aさんが猛スピードで車を追い越そうとしてぶつかってきた」と話していることを知ったのだった。

当然、Aさんはぶつかってきたのも猛スピードを出していたのも相手の車のほうだ、と主張した。

しかし、その時の目撃者はおらず、監視カメラなどもあの道路にはない。

警察が検証するには時間がかかるということだった。

特に今すぐ結論を出す必要性もないし、と考えたAさんだったが、その考えを打ち砕くように、相手からAさんに対して治療費、車の修理代、そして休業補償を請求する連絡が入った。

なんでも、相手が言うには「事故の原因はAさん側にあり、こちらは被害者であるから全ての損害はAさんが負担するべきで、それを直ぐにでも支払え」という一方的で事実を無視した言動であった。

これに憤慨したAさんは、警察の捜査の結果を待たずに自分で事故の真実を明らかにする必要があると考え、事故鑑定を行うことにしたのであった。


交通事故調査鑑定の結果

損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する


事故鑑定自体はスムーズに進行した。

双方の事故車両が現存していた上、警察のほうで保存していたため、その車体を確認して鑑定に使うことができたからである。

その結果、車体の破損方向や塗料の剥がれ方から、相手の車がAさんのバイクの後方から衝突したことが導き出された。

この主張とは異なる事実を元に交渉した結果、Aさんの主張が認められる形で決着した。


【参考情報】
事故現場の検証、解析調査、交通事故鑑定の流れ【ご依頼手順と注意事項】

よくある質問

交通事故調査鑑定の概要と基本理念

交通事故鑑定人と鑑定書について


交通事故鑑定により解決した事例

普通乗用車と大型二輪車(バイク)の衝突事故
双方が主張する衝突地点・科捜研鑑定書の矛盾点

軽貨物自動車と普通乗用車
田園地の十字交差点における衝突事故
双方車両の衝突時の速度推定

中型二輪車(バイク)と普通乗用車の衝突事故
損害賠償請求事件 「どちらの信号が赤であったか!」が争点となる、交差点での死亡事故。
遺族の執念が実る。

目撃者のいない死亡事故
事故車の破損状況から衝突時の走行速度を計算して、実況見分調書を覆す!

示談交渉の過失割合に納得がいかない!
損害賠償責任の過失割合を見直すための交通事故鑑定

自転車と車の衝突事故
相手の主張が虚偽であることを証明する

バイクと車の交通事故
損害賠償請求事件で加害者にされてしまったとき相手の過失を証明する

普通自家用車とタクシーの追突事故
裁判反論・追突された車両の搭乗者が受けた人体衝撃力の推定

車をぶつけられたと言いがかりをつけられ、金銭を要求された!
払う必要のないお金なので、車体についた傷から言いがかりであることを証明したい


>>交通事故鑑定事例集一覧ページに戻る


交通事故調査会社R&I民間企業所属団体


交通事故鑑定、事故の検証、解析、調査|即日、緊急対応可能

・交通事故鑑定をどこに依頼すればいいのかわからない
・損害賠償請求、慰謝料請求のための交通事故調査鑑定書が必要
・訴訟などにおける裁判用の証拠・意見書・反証資料が欲しい
・ドライブレコーダーを解析して、事故の原因と状況を知りたい
・人身事故の検証において、お互いの主張が食い違っている
・自分の過失割合に納得できない
・人身事故で真実が明らかにならず、不利益を被った
・交通事故の示談交渉に納得ができない
・あらゆるケースの事故問題、被害対策、証拠資料の収集
・トラブルに巻き込まれたかも!とにかく早く問題を解決したい

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
交通事故鑑定(事故現場の検証、解析、調査など)は R&Iにお任せください!



お問い合わせ


無料相談窓口:

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

交通事故鑑定|事故現場の検証、原因解析調査を行う民間機関です。

相談・見積もり何度でも無料!

お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538